ヴィーナスカーブは向きがわかりにくい…

骨盤矯正効果が期待できる骨盤ショーツのヴィーナスカーブは、履いて過ごすだけでその効果が発揮されるという事で、インスタグラムなどで人気に火がついて現在では入手が難しいほどになっています。

それだけ人気が出たのは使い方が簡単だという点もあると考えられます。

何しろ『履くだけ』で効果が発揮されますから、こんなに簡単な事はありません。

履くときには加圧式インナーの特徴ともいえる締め付け力の関係で若干苦労する人もいるようですが、慣れてしまえば問題なく履く事ができるようですし、類似品にあるような面倒なフックがない事も人気のひとつかも知れません。

こんなに簡単に使える事ができるヴィーナスカーブなんですが、シンプルなデザインが影響しているためなのか、向きが非常に分かりにくいそうなんです。

どっちが前で、どっちが後ろなのか、結構迷う事があるみたいです。

どうすれば簡単に見分ける事ができるのか?

まずデザインを良く見てみると、ヴィーナスカーブは身体にピッタリフィットさせるために、後ろ側はヒップの凹凸に合わせて縫製している事がわかります。

なので、よく見ると前側に対して後ろ側は、生地が少し弛んだ状態になっているはずです。

ですがそれだとよく見ないと分からないですね。

では、1番簡単に見分ける方法としては、ヴィーナスカーブの内側に付いているタグの位置を見るという方法が間違いありません。

このタグがついている方が後ろ側になりますので、これなら簡単に判断できますね!

だけどたまに、タグが気になって気持ち悪いので取ってしまうという人もいるようですので、そんな人はヒップの縫製を見て判断して下さいね!

もしも前と後ろを逆に履いてしまったら、その時はヴィーナスカーブの骨盤矯正効果がしっかりと発揮されないばかりか、身体に無理な力がかかって悪影響を及ぼしかねませんので向きには十分に注意して下さい。

でも、逆に履いたらすぐわかりますよ!

お尻のお肉が収まるところがなくて窮屈ですし、ウエストの前側には本来ならお尻のお肉が収まるはずのふくらみが余っていますから…。

ヴィーナスカーブはできるだけ長い時間、長い期間履き続ける事でより効果が発揮されます。

頑張って履くようにして下さいね!

⇒キャンペーン中の公式サイトをチェックしてみる!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする