ヴィーナスカーブは生理中も使っていいの?

10代の頃ならどんなにたくさん食べても太る事がなかったのに、年齢を重ねる毎に太りやすく痩せにくくなるという人は多くいます。

その原因は基礎代謝の低下の事が多いようですが、基礎代謝を低下させる原因に骨盤の歪みが挙げられます。

骨盤が歪むと内臓機能が低下して基礎代謝の低下を引き起こしてしまったり、血流やリンパの流れが悪くなって冷え症やむくみが現れたりします。

また、女性特有の悩みである生理中の不調も骨盤が影響している可能性が大いにあるんです。

そのような点からみても、ヴィーナスカーブは生理中の女性にとっては嬉しい効果が期待出来ます。

骨盤矯正には時間がかかりますので、履き始めたからといってすぐに効果が現れるものではありません。

ですが、即効性が期待できるものとして、サーモ機能とツボを刺激する効果があります。

ヴィーナスカーブには履くだけで身体をポカポカと内側から温めるサーモ機能がありますので、体温を上昇させて血流やリンパの流れを改善してくれる効果が期待出来ます。

生理痛の女性にとって、身体が冷えるのはツラいでしょうから嬉しい機能ですね。

更にツボを刺激する効果ですが、骨盤周りに効果があるツボを刺激する働きがあるのですが、なかでも腎兪(じんゆ)への刺激は生理痛に対する効果が期待出来ます。

このようにヴィーナスカーブは生理中の女性が履いても問題なく、むしろ生理痛などの症状が改善される可能性があるのです。

ですが、生理中の女性の身体は非常にデリケートです。

お腹にハリがあったり、ヴィーナスカーブで締め付ける事によって具合が悪くなる場合も考えられます。

そんな時はご自身の症状を見ながら着用するようにして下さい。

ヴィーナスカーブは毎日履く事で、より効果が期待できる骨盤ガードルですが、別に無理して履かなくても大丈夫です。

数日着用を休んだからといって、今までの効果がなくなってしまうわけではありません。

体調が良い状態で履く事で効果が発揮されますので、体調が悪いのならまずは回復に努めて下さいね!

⇒ヴィーナスカーブの詳細はこちらから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする